自己紹介で嘘の名前を教える冗談ってどういう心理?意図は?オチは?

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今日は仕事でこんなことがあった。

なんなんだろう。

仕事の自己紹介で嘘つくって、どんな心理なんだろう。

「お前とは仲良くしませんよ。」っていう意思表示なのだろうか。

「名前すら教えるに値しないぞ。お前は。」ってことなのか?

そんなもん、こっちから願い下げだ!

…とは思わずに、穏便にいこう。

気にしちゃいけない。

一応まだうつ病で薬を飲んでる身だ。

こんなことされちゃ、体がもたない。

でも、仕事楽しい。

没頭できて、いい感じ。

何も余計なこと考えず、作業やってるのがいい。

帰る時間が遅くなるのも問題ない。

帰っても家族がいるだけだ。

家族といたくない。

残業しないぞ!って目標立ててたけど、してもいいや。

したい。

家に帰りたくない。

会社の人が毎日どんだけ残業してるかについて聞かされた。

前職と変わらないくらいの忙しさに聞こえた。

怖いなぁ。

でも、前職と違う点は、頼れる人がいるってこと。

自分1人でやりきれないものは、誰かにお願いすることができる。

これがでかい。

それでも、忙しすぎるのは嫌だなぁ…。

明日は金曜日。

土曜日は図書館で勉強しよう。

そうだ。

キャッシュカードを母親に預けてたんだけど、今日返してもらった。

帰ったら部屋に置いてあって、3万円も置いてあった。

あんだけ、金、金、つって僕を苦しめたくせにな。

大盤振る舞いだ。

ありがたく使わせてもらおう。

もう23時だ。

仕事行って帰って寝るだけの生活。

コツコツ頑張ろう。

リズムを崩さずに。

そうそう、土曜日から薬の量を減らそう。

ちょっとずつ。ちょっとずつ。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告