不幸自慢する人間はやばい人間。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

眠い。

昨夜は飲み会だった。

いろんな話を聞けてよかった。

僕はお酒を飲めない。

でも飲み会には積極的に参加する。

社内政治を有利に進めるためだ。

会社の人たちの人間関係だったり、本当のところはどう思っているのかだったりを知るのにいい場だから。

なんか、会社の人たち、「昔は1週間徹夜した」だの、「昔は誰にも教えてもらわなかった」だの、ひどい経験自慢をしてきて、引いた。

自慢することじゃねぇし。

僕は、ブラック企業でのひどい経験は、恥ずかしい出来事だと思っている。

あのひどい経験を人前で話すことは、自分のバカを晒す行為だ。

「昔はひどかったけど、今は良くなったもんだ。」

この会社の人たちは、ひどい環境の中で頑張って、潰れずにここまで働き続けてきた人たちなんだ。

それに比べて僕は、うつ病になって逃げてきた、弱虫のように思えてしまった。

ああ、「昔はこうだったから、我慢しろ」みたいな、出来事が起きそうで怖いなぁ。

なんか、不安になる飲み会だった。

転職失敗だなぁ…。

わかんねぇよ。こんなこと。

面接や求人では、いいところしか見せねぇもん。

ほんとひどい。

昨日、東京に出張してたんだけど、帰りの新幹線が最悪だった。

隣のおっさん、指を舐める癖があるらしくて、チュパチュパチュパチュパ言ってんの。

まじきもい。

後ろのおっさんは、僕の椅子を蹴ってくるし、蹴った上で貧乏ゆすりするしで、ほんとしんどかった。

ゆとり世代がどうとか、よく言われてるけど、おっさん世代も相当ひどいぞ?

くたばればいいのに。

働きたくないなぁ。

ダメだ。

何も考えないようにしよう。

「無」だ。

無心で働く。

仕事場を出たら、仕事のことは全て忘れるようにする。

何も考えない。

オンオフをはっきりする。

お金貯めて、家を出るんだ。

それまでは今の会社で頑張ろう。

みんな生きてるんだ。

僕も生きよう。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告