直属の上司が部長になって、僕を守ってくれる。助かる。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

直属の上司が、部長になることになって、僕は側近みたいな立ち位置になるっぽい。

上司が権限を得てから、すごい僕のことを守ってくれて、ありがたい。

すごく理想的な上司だ。

今日も別の部長が僕に無理やり作業をよこしてきたんだけど。

それを直属の上司がクレーム入れてくれた。

助かるぅ〜。

いい会社に入ったのかもしれない。

居心地のいい会社だ。

プログラミングする仕事が全然ないけど、見積もり作ったり、調査、分析、契約関係のこと、書類作成、営業。。。

技術以外の仕事を全部経験できるから、いい。

これ覚えれたら、もう一人でなんでもやれることになる。

技術力は忘れないように、定期的に磨くようにしないといけない。

最近、僕の技術力を他人に気に入られたり、なんていうか、社内政治に利用してるのがなんか悲しい。

そんなことのためにつけた力じゃないんだけど。

明日から、やっと土日だ。

今週はやることいっぱいあったな。。。

細かい作業ばっかりで疲れた。

でっかい作業が残ってるから、やっとそいつらに取りかかれる。

来週でさっさと終わらそう。

疲れたな。

書くことないや。

彼女ほしい。

仕事場の残念なうつ病の人にね、心理テストやらせたんだよ。

結果出たけど、すぐに消しやがって。

僕は消す前の結果を見えてしまったんだけど。

もう一回やるって言ったの。

で、やったら、違う結果を出してきて。

こいつ、操作しやがった。と思って。

こすい。

こういう自分を良く見せようとするからうつ病になるんだよ。

自分を認めてほしい。

そんな、話。

おやすみ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. 荒木さん、こんにちは。
    入社されてから良い上長さんに出会えて何よりです。
    仕事で何か困った事があった時、盾になって守ってくれる人がいるといないでは全然違いますね。
    後、持ち合わせている技術力を評価して貰えるのは良くても考えようによっては政治的に利用されているとなると悲しくなる事があるのはわかる気がします。