【うつ病日誌】すごく体調がいい。気分が良すぎて吐きそう。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

こんばんは。

今日はすごく調子がいい。冒頭であいさつしてしまうくらい調子がいいぞ。

調子が良すぎて逆に気持ち悪い。なんだかハイになっている。少し吐きそうだ。

昨夜は23時に寝て、今朝は4時に起きた。

あまり眠れなかったけれど、気分は悪くない。

今日悪かったことを挙げるとすれば、朝シャワーを浴びた時に、風呂場に置いてある歯ブラシがピンクカビの上に乗っかっていたことくらい。風呂場に歯ブラシを置いてあるのは父親と僕だけなので、父親が落としたのだろうと思う。

でも、あまり気にならなかった。

こうも調子がいいと、落ちた時が怖い。

なんの前触れもなく、急にくるから、ギャップがあればあるほどしんどさがでかい。

今日はここまで怯えながら一日を過ごした。ハイテンションで。

母親に歯ブラシの件でメールして見た。

「歯ブラシ置き場を洗面所に変えて欲しい」

予想外の返事で落ち込むことになるかもしれない。でも、怖いもの見たさでメールを送ってしまった。

返事が来た。

「わかった」

無事終わった。

ブログはいつもよりアクセスが多い。

高ぶった気分を抑えるためにブログを書く。今日はこれで3記事目だ。1日に文字をこんなに書いたのは初めてだ。

なんか今日は変だ。

病気になる前は、いつも時間が勿体無いと考えていた。資格にハマっていたのもあって、通勤時間、休憩時間、挙げ句の果てには歩きながら参考書を読んでいた。

もはや二宮金次郎だ。平成の二宮金次郎。

だから、今でも体調がいい日だと「何かしなければ」と思ってしまう。焦る。とにかく焦る。

うまくいかなかったら、なんでできないんだ!時間を無駄にした!と自分を責めてしまう。

そして気分がガクンと落ちて、何もできなくなる。

そうだ、書いてたら落ち着いて来た。

先週、医者にも言われた。

「甘えじゃない。何もしなくていいから、ご飯食べて寝るだけだよ」って。

  • 何もしない
  • 頑張らない

これがすごく難しい。

これらを意識していると、気づいたら頑張ってしまっている。

「何もしない」ことを意識して、結果、「何もしないことを意識」してしまっている。

「頑張らない」ことを「頑張る」ことをしてしまっている。

意識し始めるとどんどん意味がわからなくなる。

やっぱり落ち着かない。

薬のせいだろうか?飲み始めて5日目だ。

うつ病の薬だし、テンションが上がる成分が入っていてもおかしくない。

このハイな気持ちの落とし所は何かないだろうか。

ブログ4記事目書いてしまいそうな勢いだ。

うつ病で落ち込んでいる人の体験談はいっぱい見て来たが、「気分が上がって辛い」という体験談は見たこともない。調べようともしていない。

わからない。

…。

寝よう。

とにかく寝ようと思う。

今日は頑張らないように意識しないように何もしないように気をつけて寝ます。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告