【うつ病日誌】うつ病の人の気持ちは誰にもわからない。たとえ元うつ病患者であったとしても。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今日の体調は普通。

今みたいに体調がいいとき、体調が悪い時の自分の気持ちがわからない。

なんであんなに苦しんでいたんだろう。とさえ思う。

この病気の厄介なところだと思う。

うつ病の人の気持ちは誰にもわからない。

元うつ病の人だとしてもだ。

たまにうつ病の人を見つけては「私が味方だよ。うつ病になったことあるから気持ちわかるよ」って言いながら近寄ってくる人がいる。

あれは辞めた方がいい。

気づかぬうちに追い込んでしまっていることがある。

僕の周りにもいた。

奴らは二言目には「自分はあなたの味方だから」と言う。

言っておくが、味方かどうか決めるのはうつ病の人自身だ。

そちらに決める権限はない。

うつ病経験者なら、辛い時の自分の気持ちがわからなくなっていたとしても、どうして欲しかったか、とか考えるだろうと思うが…、一体なんなんだろうか。

辛い時の気持ちを綺麗さっぱり忘れてしまったのだろうか。

ありえる。元気で過ごしているということは、綺麗さっぱり忘れるくらいでないとできないことだ。

僕は奴らにこんなセリフを吐かれた。

  • 「酒を飲めばいい」
  • 「俺は薬を飲みながら働いているから、一緒に頑張ろう」
  • 「一回会って話をしよう」
  • 「会社は辞めちゃいけない」

元うつ病とは聞いてあきれる。

結局、近寄ってくる自称うつ病の人間が言うセリフはいつも根性論だ。なんの解決にもならないことしか話さない。

そして、そんなことを考え続ける僕ばかり消耗していく。

近寄ってくるなら、近寄ってきた人が消耗すべき。

もっと考えて近寄ってこいよ。

僕が消耗しているのと同じか、それ以上に消耗するつもりでこいよ。

やる気のない奴は帰れ。

…とも言えず。

気丈に振る舞ってしまう。

そして言われるのが「なんだ、意外と普通じゃん」

普通ってなんだ。

じゃあなんだ。泣き叫べばいいのか?発狂するか?錯乱するか?じゃあどうしてくれるんだ?助けてくれんのか?

やる気ないなら帰れ。

…だとも言えず。

頭の中が悶々としたまま一人になる。

でもどうしようもないんだろうな。

僕自身であっても、苦しんでいる僕に対してできることは何もないと思う。

むしろ傷つけてしまうと思う。

うつ病は孤独との戦いだなぁ。と思いました。

以上です。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告