【うつ病日誌】「うつ病は人間のクズ」という考えが抜けなくてしんどい

この記事をシェアする

スポンサーリンク

僕は病名をもらっていない。そのことに不満を感じる。

ツイッターを見てると、いろんな人が、いろんな病名をもらっている。

長ったらしいうつ病の名前。

僕これまでに3件の病院に行った。

1件目では「自律神経失調症」

2件目では「抑うつ」

3件目では何も言われてない。

他の人と比べたくはないが、症状が僕より軽いような人でももらっている。

何度も自殺未遂を繰り返し、何度もパニックになり、泣いて、怖くて叫んで、息ができなくなり、苦しくて暴れて、手足が痺れて感覚がなくなる。1〜2時間経って収まった頃には、涙と汗とよだれと鼻水でドロドロ…。人前でこうなるのが怖くて外に出れず、病院の移動中は車の中でうずくまって外を見ないようにやり過ごし、受付ではイヤホンで耳栓をしてうつむいて、なんとかやり過ごす。それでも泣くことがある。

これで病名をもらっていない。

病名を公表する人間に嫌悪感を抱く

そもそも病名を自慢げに話す人間がすごく嫌いだ。

前職のせいだ。前職の人間はうつ病だなんだと言って、いつも言い訳していた。

  • 「うつ病だから怒らないでくれ」
  • 「うつ病だからその仕事ができない」
  • 「うつ病だから今日休みます」
  • 「うつ病だから仕事やっといて」

責任は全部僕が受けた。仕事も全部受けたし、客に謝りにも行った。

『うつ病の人間はクズ』

僕の深層心理の中に植え込まれてしまっている。

僕もあのクズたちの仲間になるのかと思うと頭がおかしくなる。

あんな人間になりたくない。

なんな人間と同じ種類になりたくない。

ネットでうつ病の人と絡むと身構えてしまう。

たまにクズ人間のことがフラッシュバックして、錯乱することがある。

病名『なんか』

医者にこう言われたことがある。

「なんか暴れてしまうって言ってましたよね?最近どうですか?」

“なんか”呼ばわりだ。

他の人は長い病名があるのに、僕には”なんか”だ。

“なんか”

何もないのにおかしくなっているっていうのか?

自分が自分じゃなくなる感覚は”なんか”なのか。

僕の伝え方が悪いのか?僕のせいなのか?また僕のせいなのか。

なんでいつもいつも伝わらない。伝わってくれない。どんなに努力してもうまく伝わらない。なんで僕だけ努力しているんだ。

相手も理解できるように努力すべきじゃないのか。

同じような症状の人はいないのか。

その人が病名をもらっていたら、僕もその病気だということになるのだろうか。

今日のこと

今日は満足いくような勉強ができた。

でも一日を通して、今回書いたことが頭に浮かんできて邪魔で邪魔で仕方なかった。

どうにかならないのか。

今日はこうやって吐き出したから、明日は何もないことを祈りたい…。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告