【うつ病日誌】TOEIC申し込んでしまった。もう後がない。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

TOEIC申し込んでしまった…。

苦しい。

11月19日。

この日までに引きこもり生活を終わらせて、問題なく外に出られるようになり、家族ともそこそこのコミュニケーションをとれるようにしないといけない。

あと、期限切れの免許証の更新をしなければならない。本籍が書いてある住民票が必要だ。その前に転居届出さないといけない。

免許証の写真のために、1年ほったらかしの髪の毛を切らないといけない。

できるだろうか…。

でも絶望感はない。

なんかやれる気がする。

頑張ろう。ゆっくり1個ずつ解決していこう。

問題は英語の勉強だ…。

全然ダメだ。

残り1ヶ月ちょっとでどこまでいけるか…。

前日までこんな状態だと、かなり気分が沈むと思う。

TOEICは自信をつけるための道具だ。

一か八かのかけだ。

うまくいけば、回復につながる。大きな一歩になる。

失敗すると…。死ぬかぁ…。

考えたくない。

もう予約してしまった。どうしようもない。

勉強を生きがいにしよう。

目標のことだけを考えよう。嫌なことを忘れるように。

今日の勉強は予定通りうまくできたと思う。昨日みたいに嫌なことを思い出して手が止まることはなかった。いや、全くなかったわけではないけど、でも少なかった。

この勉強が無駄な努力じゃないことを祈る…。無駄なことしてるんじゃないかと不安だ…。

リスニングがまだまだ。何言ってんのか全然わからなくなる。

kindleで新しい教材買おうとしている…。

もう何冊目だろうか…。

クレジットカード支払い。親の金だ。

700円ならいいかな。

どうせ受験料5000円払ってしまったし…。

5000円も5700円も変わらんよな。

金だ。金が欲しい。

罪悪感から解放されたい。

クレジットカードの請求が来るのは、11月末なので、勝手に親の金を使ったことはまだバレない。

テストの結果が良ければ、言い訳できるし、悪ければ…。落ち込むしかない。

落ち込んだらどうなるかわからない。

死ぬかもしれない。

死ぬ気で頑張ろう。それしかない。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告