【うつ病日誌】できるだけゲームをやらないように気をつけたい。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今日は意識してあまりゲームをしていない。

スマホの城ドラとクラロワ。

やっぱりゲームをしないと、気分がいい気がする。

対人戦のゲームはやらないほうがいい。負けた時イライラするからだ。

体調のいい時は、このイライラを調整できるのだが、今の状態だとできない。

尋常じゃないくらいイライラする。

なんでイライラするか。

ゲームには戦略というものがある。戦略を考えて戦う。僕はこれを考えて遊ぶのが好きだ。

対人戦ゲームではお互いの戦略をぶつけ合う。

戦略と戦略の戦い。知識と知識の戦い。これが楽しい。

対人戦ゲームではいろんなプレイヤーがいる。

中には戦略を一切無視して適当に遊んでいるのが楽しいプレイヤーもいる。

そう言ったプレイヤーは、リーグやレーティングといった格付けシステムの中で、上位に食い込むことができない。

ゲームでは戦略が全てで、頭を使ったほうが勝つからだ。

僕はそういったゲームが好きだ。

しかし、たまに、適当に遊んでいるのに、格付けシステムの上位に食い込んでいるプレイヤーがいる。

そのほとんどが課金プレイヤーだ。

戦略と戦略、知識と知識の戦いの中に金を食い込ませてくるプレイヤー。

そういったプレイヤーには、どんな戦略を使っても勝てない場合がある。

その理不尽さや、絶対に越えられない壁に出会った時に、すごく腹がたつ。

その様子は、ブラック企業に勤めていた自分と重なる。

どんなに頑張っても、ボロ雑巾のように扱われる。そして、手を揉んでへいこら頭をさげてニヤニヤしている人間が成功する。

すごく腹がたつ。

頑張って頭を使って戦略を考えている自分がバカみたいになる瞬間が、すごく、切ない。

対人戦ゲームでは、必ず、越えられない壁が現れる。

この越えられない壁のせいで、自信をなくし、苦しくなる要因になる。

1人プレイゲームの場合。壁はいい具合に調整されている。

適度なストレスを与えてくれて、それを乗り越える楽しさがある。

じゃあ1人用ゲーム一生やってろ。って話なんだけど。

僕は将棋が好きだ。それの延長線上のゲームが好きだ。カードゲームとか。

ちょうどいい強さの対戦相手と遊べれば何も問題ないんだけどなぁ…。

これも病気のせいなのだろうか。

病気のせいでゲームにイライラするのだろうか。

さすがに病気のせいにしすぎではないのか。と考えたりする。

考えれば考えるほどわけわかんなくなる。

何が書きたいのかもわかんない。

でも今日もいい感じにダラダラ書けた気がする。

これでいい。

ダラダラしよう。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告