【うつ病日誌】超えられない『壁』

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今日はなんか疲れてる感じがする。だるい眠い。でも楽といえば楽。

何もしたくなかったけど、最低限の英語の勉強はした。こう言うのは継続しないと意味ないから…。

勉強してもいいのだろうか。

これがきっかけで気分が落ちないだろうか。

今年の初めに勉強してうまくいかずに思いっきり気分が落ちた。それから全く勉強していなかった。

大丈夫かな…。チキンレースしている気分だ。

できるとこまでやろう。

今日は検索してもらうための記事を書いた。久しぶりだ。

書いたのはいいが、日本語がおかしい部分だらけだ。

おかしいことはわかるが、何がおかしい分からない。

自信無くすなぁ。

本当に才能がない。

文字書くの楽しくない。

昔っから何に対しても才能がなかった。

でも続けることはできていた。

続けているうちに気づいたら周りに誰もいなくなっていて、実質1番になっていることはあった。

でも、いいところまできた段階で他人から攻撃されて、簡単に崩れた。

いつも「いいところ」まで行くんだよなぁ。いつも邪魔が入るんだよなぁ。

これは、ただ単に、僕が『壁』を乗り越えられない雑魚だ。と言うことなんだろうか。

「いいところ」まで行くと、必ず『壁』が現れるものなのだろうか。

これからもずっと「いいところ」の先には『壁』が出てくるのだろうか。

いじめ、嫌がらせ、加重労働…。

これらは『壁』と言っていいのだろうか。

これらは乗り越えないといけないのだろうか。

これからもずっとこの『壁』は現れてくるのだろうか。

思えばいつも『壁』から逃げてきたなぁ。

いじめられない人、嫌がらせされない人、加重労働されない人。これらの人たちはどうやっているんだろうか。

それとも、みんな経験するもんなのか?みんな乗り越えているのか?

僕だけ取り残されている感じ?

雑魚だぁ。弱いなぁ。自分…。

悔しい。

将来が不安だ。

考えたくない。

もう何もしたくない。

何も考えたくない。

生きるのは辛い。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告