【うつ病日誌】絵を描いて見る

この記事をシェアする

スポンサーリンク

無性にイライラする。

ぶつけどころがなく、壁を殴ったり蹴ったりすることで発散しようとするが、改善しない。

部屋の壁が穴だらけだ。

壁の穴を見ると後悔や虚しい気持ちが襲ってきてまたイライラする悪循環。

今日は病院に行った。

ブログを書くことで気持ちが沈められる時もあるが、うまく文章化できず、苦しい時がある。ということを伝えたところ「絵を書くのもいいんじゃないか」と言われた。

「言葉にできないことを絵で何かしらの形で表現できるんじゃないか」とのこと。

いいことを教えてもらった。

絵は下手くそだが、ブログで下手くそな文章を晒しているので、もうそんなことは恥ずかしくない。

早速書いてみた。

砂漠で顔が走っている感じ。

よくわからない不安感と、襲ってくる焦燥感とイライラを書いた。

結構スッキリする。

言葉にできないことを雰囲気で表現できる。そして絵を見て何を書いたのか説明することで、言語化の助けにもなる。

これはいい!

今回はダメモトで適当に書いたけど、時間をかけて書くのもありかもしれない。

これから続けていきたいと思った。

心配なのは、絵が下手なこと。

思い通りかけなくてまた落ち込んだりイライラするんじゃないかと少し不安。

あんまり本気にならないように気をつけないといけないな…。

でも時間を忘れて絵を描く練習をするのもいいかもしれない。

嫌なことを忘れるくらい夢中で何かをしたい。

使いどころがなかったiPadProとApplePencilの使い道ができてよかった。

僕は子供の頃漫画家になりたかった。

漫画家か、お笑い芸人。とにかく有名人になりたかった。

理由は、いじめられてたので、いじめっ子を見返したかったから。

不登校で、まともに学校に行ってなかったので、まともな道には進めないと思っていたのもある。

いつかテレビに出て、いじめられてた頃を美談のように話すのが夢だった。

でも全然うまくいかなかった。ていうかそもそも、そこまで行動しなかったし。

今では有名人の昔話を話すような番組を見れない。

ほんと惨めだ。

何もうまくいかない。

あぁ悔しいなぁ。

今日は疲れたし、これくらいでいいかな。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告