【通院記録15週目】すごく短い診察だった。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今日は待ってる患者の中でやばいやつがいた。

でかい声で、意味のわからない言葉をウニョウニョ喋っていた。独り言だ。

そして時々フヒヒって笑うんだ。

気持ち悪かった。

僕はこいつの仲間になるんだな。と残念な気持ちと同時に少し安心した。

なぜなら、こいつよりマシだ。と思えたからだ。

今まで受付から感じる視線が苦しかった。

「『こいつおかしいぞ』って思われてる」っていう被害妄想があった。

受付の人からすれば、僕のことなんて序の口。アウトオブ眼中ってやつなんだと思った。

どんな病院にもサクラとして明らかにヤバそうなやつを置けばいいと思う。

他の患者はそれをみて自分はマシだと安心すると思う。

前置きが長くなった。今週の通院記録です。

何時間くらい寝てますか?

僕「8時間は寝てます」

イライラはどうですか?

僕「普通です」

就活について

医者「就活してるんでしたよね?」

僕「はい」

医者「診断書はあれで良かったですか?」

僕「はい」

医者「えー…っと」

医者「就活ってどうなんですか?」

僕「…どうって…?」

医者「ハローワークとかなんですか?」

僕「…まぁそんな感じです」

医者「ITの業界がよくわからないんですけど、ネットとかなんですか?」

僕「はい」

医者「そうですか」

何でお前に就活の方法を話さないといけないんだ。めんどくさい。

前回怒ったから、気を使って喋られてる気がした。

僕はめんどくさい患者なんだろうな。

さいごに

昨夜、聞かれたら答えようとしてた言葉がある。

「就活状況はうまくいってますか?」という質問に対して

「うまくいくわけないでしょう。『あなたの経歴では見合わないので』って理由で書類選考で落とされます。3年間血反吐を吐きながら頑張ったのは全部無駄だったんです。あなた、以前から『才能ある』って僕をバカにしてましたよね?これが現実です。惨めになるんで2度とそのセリフを吐くな」

って答えようとしてた。

すごい練習した。

実際にこうやって書くと、気持ち悪りぃな。

すごい早口で言ってそう。

僕はインキャだ。

言わずに終わったけど。

ただ気持ち悪い練習しただけだ。アホらし。

それと、次の通院は1ヶ月後になった。

以上です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をシェアする

フォローする(ブログの更新を知らせてます)

ブログランキング-うつ病-

応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

うつ病ランキング

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告