【うつ病日誌】言われたことに我慢するんじゃなく、言い返す力が欲しい。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今日もダラダラ書いていこう。

ブログってすごくいいところだと思う。

こんな場所じゃないと「しにたい」なんて言えない。

絶妙なバランスでアピールができる場所だと思った。

それだけ。

こんな話、人には言えない。

「何が言いたいんだ?」と返されて、「すみません」ってなる。

ブログは自分の言いたいことを適当に書ける。

そこがいい。

こんなどうでもいい話はさておき。

今日は朝からすごくむしゃくしゃした。

暴れた。

もう壁がボロボロ。

なんで家族に怯えてコソコソしないといけないのか。

なんで頑張った僕がこんな苦しい目にあって、ブラック企業の連中はのうのうと生きているのか。

不公平すぎてものすごくイライラした。

薬を飲んだら落ち着いた。

考えれば考えるほど、悔しい。

世の中理不尽すぎる。

僕は小学校中学校といじめられてきた。

よく、いじめられたことのある芸能人が「昔は苦労したけど、今は成功しています!」みたいな、カッコいい話をしていることがあるが、あれはごく少数。

本当のいじめられっ子は今の僕のようになっている。

惨めな成れの果て。

こういうことを誰かに話すと「大丈夫!俺は頑張ってここまできた!俺の時はもっとひどかった!….ペラペラ」と僕の話そっちのけで、誰かの自慢の苦労話をされる。

そりゃいいだろうさ。

お前は乗り越えて今楽な状態なんだから。

こっちは今、絶望真っ只中。死ぬか生きるか。

そんな状態でなんの根拠もない「大丈夫」と言われても響かない。

それどころか、こちらの話をそっちのけにされて、余計に気分が落ち込む。

なんなんだろうな。

苦労してきたくせに、何にもわかってない。

逆に自分がそういうこと言われて元気が出るのかどうか想像して欲しい。

…できないんだろうな。

体験したことないんだから。

悔しいなぁ。

子供の頃から、親に教わってきたことがある。

「悪いことをしたらした分だけ自分に返ってくる」

嘘だと思う。

いじめっ子の方が幸せな人生を歩んでいるように思う。

それどころか、この教えのせいで「自分が今までやった悪いことが返ってきているのではないか?」と自分を責めてしまい、余計苦しくなっている。

この教えを受けていないいじめっ子は「運が悪かった」程度の精神ダメージで済んでいるはずだ。

こう考えるとほんと悔しい。

子供の頃から教わって信じてきたものが自分を苦しめている。

信じてきたものが嘘だったという絶望。

今まで生きてきたのがバカらしくなってくる。

やられたら、やり返した方がいい。

いつまでも「どうせばちが当たる」と考え続けて生きるより、その場でやり返してスッキリして、別のことを考えて生きた方がいい。

僕は一生この悔しい気持ちを引きずり続けるんだと思うと余計に悔しい。

忘れたいけど忘れられない。

言われたことに我慢するんじゃなく、言い返す力が欲しいと思った。

それだけ。

今日はこのくらいで。

以上、また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告