【うつ病日誌】少しでも頭にモヤモヤが入り込むとパンクするとわかった。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

なんか情緒不安定だ。なんだかむしゃくしゃしてしんどい。

薬に慣れてきたのか、効果が薄くなっているような気がする。気のせいだろうか。

副作用も最初の2、3日だけで、今は全くない。

怖い。

うつ状態っていうのだろうか、あれのきつさを思い出し始めた。

こういうことを書くと実際に起こりそうで怖い。

なんか涙が出そうになっている。

やばい。

今日は早く寝よう。

これ書き終えたらちょっと早いけど薬のもう。

嫌だなぁ。

全てのものが敵に見えてしまう。

人のアラ探しをしてしまう。

今通院している病院の医者は、比較的いい人だと思ってはいるが、今は敵なんじゃないかと思ってしまう。

とにかく何かにあたり散らかしたい。

発狂する妄想をしてしまう。

人混みの中、病院で、家族の前、いずれかで急に叫び出す自分を考えてゾッとする。

ゲームもうまくいかない。

いつもは負けると、一人で感想戦みたいなのをするのが好きなのに、できない。

イライラするか、自信をなくすか。

こういうの書きたくない。落ちる速度が上がる気がする。

でも向き合わないといけない気がする。

イライラするのも自分で自信をなくしているのも自分。

全部自分の性格。いつもの自分自身。

理想的な人間なんていない。醜いところもある。

醜いところも自分自身だ。

もうやめよう。何も考えないようにしよう。

楽しいことを思い出そう。

でも思い出したいけど出せないwなんだこれ。

全部悪い方向へつながる。

そういえば、3日前に母親と話した。病院から帰ってきたときに。

「だいぶ前に一人暮らしの家を引き払ったとき、家のもの実家に持ってきたって聞いたけど、どこにあるん?」

数ヶ月前に一人暮らししていた東京の家を勝手に引き払われた。僕が錯乱している間に。母親は「やめて」の言葉を聞かずに強行した。

それはいいとして。

僕は一人暮らしの家に置いてあったゲームがしたかった。そのゲームがどこにあるか聞いたのだ。

「あるで」と段ボールをいっぱい持ってきた。

母親は30分ほどガサゴソしていた。

…ゲームがなかった。

そのゲームとは、ポケモンで、10以上年前のポケモンのデータを引き継ぎ続けている自慢のソフトだ。

10年以上前からコツコツ育ててきたポケモンが全部詰まっている。

それがなくなったということで頭がおかしくなった。

だから家を引き払われたくなかった。

すぐ薬を飲んだ。

「おかしいなーあるはずやのになー」

母はのんきだ。

「これから仕事行くから、また今度探しとくわー」

それから一人で苦しんだ。

薬が効き始めてきたとき、落ち着いたので、一人でダンボールの中を探した。

…あった。

よかったぁ…。

と、いうことが3日前にありました。

書いたらスッキリしたな。

わかった。何かあるごとにこうやって吐き出さないといけないんだ。

頭の中に少しでもモヤモヤが入ってくるとパンクするんだ。

これでちょっとは安心できるかな。

書けてよかった。

今日はこれくらいにしよう。

また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告