【うつ病日誌】勉強してることを褒めるな。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今日はすごく楽だった。

午前中だけちょっと辛かった。頭が痛かった。

ブログで稼げる方法を考えて考えて頭がパンクした。

僕でもできる!すぐに稼げる!みたいな考えが浮かんだ。

なんとか、自分に現実を突きつけて、おさめた。

お金は簡単に稼げません。騙されてはいけません。

あと、筋トレしたらスッキリした。

筋トレできるくらい元気になってきた。

TOEIC受験までまた1日が減った。

不安だ。

働いてるときは、どんなに忙しくても、勉強して、資格をとった。何個も。

今はニートで時間が有り余っている中で勉強している。

もし、これでいい点数が取れなかったら、かなり落ち込むと思う。

僕は本当に無能なんだと感じる。

働いてた頃の自分はなんだったんだと思うだろう。

想像以上に傷が大きいことを実感すると思う。

悪い点で落ち込む想像ばかりしてしまう。

嫌だなぁ…。

一人になりたい。

辛いのは人が周りにいるからだ。

点数が悪くて辛いのは、人の目があるからだ。

「ニートなのにこの点数て…ププッ」とあざ笑う家族、友達、会社の人間の顔が浮かぶ。

人さえいなければこんなに悩まないのに、辛くないのに。

人がいなければそもそもテスト受けない。

テストを受ける理由の一つは、第三者に自分の力を見せるためだ。

本当に嫌だ。

なんなんだこの世界は、人ばかりじゃねぇか。

この2〜3日、リスニングで何言ってるか全然聞き取れてないのに、がっかりしない自分がいる。

もう開き直っているのかもしれない。

諦めているかも。

1ヶ月切ってるのに、何言ってんのか全然わからないの。

いいや。

最悪受けなければいい。

いやでもなぁ…。

受けなくても相当落ち込むよなぁ…。

八方塞がり。

生きるのが辛い。

人の目がしんどい。

人の目ばかり気になる。

勉強してることを褒めるな。

「勉強しててすごい!」とか言う奴がいる。

そいつらは、僕のテストで失敗する僕を見てどう思うだろうか。

「すごい!」とは言わないだろう。

「無駄な努力お疲れ様ww」みたいな感じだろうか。

「すごいと思ってたけど、大したことないんだな。それとも勉強は嘘か?」だろうか。

勉強していることを褒めてくる奴が嫌いな理由はこれだ。

あいつらはハードルを上げてくるんだ。

本当にやめてほしい。

期待をされたくないんだ。

期待ほど大きなプレッシャーはない。

頼むから放っておいてほしい。

一人にさせてくれ。

一人で勉強させてくれ。自分の世界だけで勉強させてくれ。自分の力試しのためだけに勉強させてくれ。頼むから入ってくるな。こっちの世界に…。

しんどいわ。

楽だったことを書こうとしたら、辛いことを書いてしまってる謎の現象。

勉強を褒めてくる奴が嫌いな理由をうまく言語化できた気がする。

ずっと前からモヤモヤしてたことだったんだ。書けてよかった。

いつかまとめよう。いつか。そこには、なんて言ってほしいかとかも考えて書こう。メモメモ。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告