【うつ病日誌】他人の目が気になってしょうがない。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

ついに、この記事で、このブログ、100記事を迎えることになった。

3ヶ月とちょっと。今日に至るまで本当に色々なことがあって苦しかったけど、なんとかここまで生きてこれた。これからもダラダラやっていこう。

今日もご飯が美味しかった。

なんだか食欲がすごい。

ずっと口の中に何かを入れておきたい気分だ。

食べると怖いのが、太ることだ。太ると「なんだ元気じゃん」という目で見られる。それが怖い。

精神は変わっていないのに、見た目だけ変わるのが本当に嫌だ。

心のどこかで、見た目を精神に合わせなければと思ってしまい、ご飯を食べることを躊躇してしまう。

人っていうものは本当に残酷で、見た目でしか判断しない。元気な見た目ならそれはもう元気なのだ。

元気だと判断したら、際限なくいろんなことを投げかけてくる。

家族も例外じゃあない。

きっと太った僕を見ると、すぐにパソコンやネット関係の頼みごとをするだろう。

親戚と僕を会わせるだろう。

近所中に僕のことを言いふらすだろう。

少しも油断できない。

少しも元気なそぶりを見せてはいけない。

こんな風に考えてしまい、いつまで立っても元気になれない。

自分が今、元気なのか、元気なふりをしているのか、元気のないふりをしているのか、わからなくなってくる。

そしてこの思考の渦は「元気かどうか」から「病気かどうか」に変わり、自分が本当に病気なのかどうかを疑い始める。

自分で自分を責めるのだ。

これが本当にきつい。

そしてどんどん気分が落ち込む。

人の目を気にして、自分を責める。

人と接したくないなぁ。

人の目を気にするといえば、ブログ運営について。

僕と同じ時期にブログを始めた人たちのブログを色々見ているのだが、明らかに僕の運営ペースが遅いことが気になっている。他の人と比べて成果が少ない。

本当にこういうことが気になる。

やっぱり才能ないのかぁ。と自信をなくす。

こういうことは気にしちゃダメと、わかってはいるけど、どうしようもない。

本当に人の目が気になるのをどうにかしたい。

本当に人間が嫌いだ。

僕を見るな。

自分がどう見られているのかが気になって仕方がない。

それの延長線上で、外に出たとき、発狂したら、他人にどう見られるのか考えるだけで発狂しそうだ。

自分のことだけ考えて生きたい。

あぁ辛い。

なんかもっと言語化したいけど思うように行かない。

絵描くか?めんどくさいな。

やめよう。考えるのをやめた。

うん。以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告