【うつ病日誌】次の目標は家を出る。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

TOEICの受験票が届いた。

試験場は結構遠い場所だった。

以前、親にメールで「11月19日試験受けるから送り迎えのために予定を開けておいて欲しい」と伝えていた。

【うつ病日誌】1年前愚痴を書くために作ったツイッターのアカウントをリセットした。
今日は調子が良かった。 土曜日なので、家に母親がいた。母親の前で朝ごはんを食べた。 勉強も比較的うまくできたと思う。 ...

でも、遠い場所だったので、車で道が混んでたり、親が道を間違ったり、いろんな状況で受験できなくなるのが嫌だったので、電車を使って一人で行くことにした。

できるだけ親に関わりたくない。

親が関わると絶対トラブルが起きる。

他にも、もし車で送ってもらったとしよう。

試験場に到着して車から降りるときに「頑張れよ」とかいうしょうもない一言をかけられたときに、僕はぶちぎれてしまうかもしれない。

正気でいれる自信がない。

誰のせいでこんな状況になったと思っているんだ。

言われなくても頑張ってるんじゃ。

邪魔ばっかりしやがって…。

とにかく、一人がいい。一人でいたい。

勉強のモチベーションが下がっている。

就活に使う予定がなくなったので、TOEICのスコアなんかどうでもよくなってしまった。

「いい点とって自信をつける」とか言ってたけど、それもどうでもいい。

今は早く働いてお金を稼がないと。

家を出ることが一番だ。

この家にいると頭がおかしくなる。

英語は、読みたい本読んだり、英会話教室通ったりして、ちょっとずつ覚えよう。

テストじゃなく、実用的な力を伸ばしながら、気が向いたときにまたTOEIC受けたい。

あと9日頑張れるか、勉強…。

もう飽きた。

同じ教材を何周も何周もやってる。

かと言って、新しい教材を0から始める気力もない。

あ、そうか、新しい目標ができたからか。

「家を出る」という具体的な目標ができた。

僕にとって、もうTOEICは目標でも何でもない。

だからやる気が出ないんだ。

ここ2ヶ月間の目標はTOEICだった。

この目標は役に立った。

生きがいになっていた。

気づかないうちに支えになってくれていた。

次の生きがいは「家を出る」

頑張ろう。

まずはあと9日間、しっかり勉強しよう。

今はもう目標じゃないけど、最後までやり通そう。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告