【うつ病日誌】ブログを始めてよかった。子供の頃にもっと勉強したかった。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今日も楽です。

ここ2、3日、楽。って書いておきながら、鬱々しいこと書いてしまっていたけど、今日こそは本当に楽。

眠たい。

今月に入ってからブログの調子がいい。

毎日100ページ以上閲覧されている。

先月は、50だったり、たまに100を超えたり、って感じだった。

収益も出てる。数十円の世界だけど、嬉しい。

このブログは一番苦しいときに、ボロボロになりながら作ったものだから、何かしらの結果があると、本当に嬉しくなる。

生きててよかったと思える。

ブログ始めてよかった。

TOEICまで後10日。

今日はTOEICの模試全パート、本番を想定して一気にやった。

勉強してる感があって楽しかった。

模試は、ちょっとずつ分割して何回もやっているので、問題と回答はほとんど覚えてたけど、マークシートの塗り方とか、塗るタイミングとか、細かい小技を練習できていい感じだった。

僕はペンを回す癖があるのだが、本番でペンを回して、失敗して、落としてしまったらどうしようかと不安に思っていた。

でも心配しなくてよかった。

回してる暇がない。

それくらい忙しくなりそう。

なんか、こういう「テスト対策してる」って感じいいな。

学生の頃はまともに勉強してこなかったので、テスト対策なんてしたことなかった。

そもそも、テスト対策って言葉が嫌いだった。

「テストは今までの自分の実力を試すところであって、テストのためだけに何かをするっていうのはおかしい」と思っていた。

それがかっこいいと思ってた。

バカだ。

だから、テスト前に先生が、このプリントの問題全部テストにそのまま出るから、暗記しなさい。っていうのが嫌いだった。

今は違う。

限られた時間を使って問題を解くのが楽しい。

問題を見て、自分の実力とか時間とか、いろんなことを判断して行くのが面白いと感じる。

スポーツと同じ感じ、うまく説明できないけど、本番に向けて、いろんなことを頑張って、試合で全力出す感じ。

学生のとき勉強したかったなぁ…。

この面白さをもっと早く知ってれば…。

いじめられて不登校になってから、勉強しても意味ないと思ってしまった。

家族全員低学歴だから、勉強の大切さを教えてくれなかった。むしろ、勉強しなくてもいい。とか言ってた。

どんなにいじめられても、勉強さえできてれば、こんなに落ちぶれることはなかったのに。

勉強の楽しさ、大切さ、将来どのように役に立つのか、誰も教えてくれなかった。

知ろうとしてなかったのかもな。

この悔しい気持ちをどこにぶつければいいかわからない。

いじめた人間?教師?両親?自分?

モヤモヤしたぶつけどころのないこの気持ちがうっとうしい。

子供の頃にもっと勉強したかったな。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. おはようございます。
    ブログの調子が良いのは何よりですね。
    今ではばかばかしい事ですが自分も中高生の時はまじめに勉強していなかったのでテストの日が近づくとテスト対策という形で限られた範囲だけ試験勉強を当たり前のようにしていました。自分とおなじように学校で勉強した事が将来どのように役立つのか誰も教えて貰えなかったのは不幸ですね。これからはメンターとなりえる良い人と出会ってよい人生を気づけるようにお互い頑張りましょう。