【うつ病日誌】第一志望の企業の面接。王者の風格。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今日は第一志望の会社に面接行った。

デケェ。

まずビルがでっけぇの。

東京で働いてたことあるけど、勝るとも劣らないでかさ。

いろんなとこ面接行ったけど、今日が一番デカかった。

でかいのはビルだけじゃなかった。

受付がデケェ。

受付行って、自分の名前を名乗った後、受付の人なんか言ってたけど、でかさに唖然として、何にも聞こえなかった。

面接では、昨日転職エージェントと練習したこと話して、終わった。

もっとアピールすることできたと思うけど、イマイチやりきれなかった。

あれこれ話して、変なこと口走ってしまうのが怖かったからできなかった。

最後、選考がどれくらいかかるか教えてもらえなかった。

次がないってことなんかな。

ここで働きたいな。

ここに比べたら、他の会社がバカみたいに見える。

他の会社はぬるま湯なんだよな。

例えば、他の会社で働くとして、将来どうするのか、ビジョンが見えない。

この業界は変化が早い。

へぼい企業なんかすぐ潰れる。

5年後に潰れてみろよ。潰れた後に残るのは、しょぼい経歴のシステムエンジニア30歳。

これで転職活動なんて、惨めだし、厳しい…。

異業種に転職するとしても、未経験30歳なんて、まともな職につけない。

あぁ〜〜働きたくない。

将来が不安だ。

話が変わるけど。

僕は、外面では人当たりのいい感じが出てるから、いろんな人が気さくに絡んでくる。

その中でも苦手なのが距離感を間違えてるやつ。

またまたその中でも鬱陶しいのが、世話焼き屋さんね。

なんなん。

『助けて』って言ったか?

勝手に絡んできて、事情も知らないくせに、適当なアドバイスいっぱいしてきてさ。

相手に悪気がないから、強く言えないし…。

本当に苦手だ。

家族もそうだし、前職でもそうだった。

1番最初にもらった内定の会社もそう。

すぐに選考通過する会社みんなそう。

あいつらさ。『自分が助けてあげる!』とか思っちゃってるんだろうな。

助かってないからぁ!!!

ありがた迷惑!!ありがとね!!!

そう、これが書きたかった。

なんか嫌だな。って思う企業は、鬱陶しいんだ。

うまく言語化できた気がする。

僕の周りは変な奴ばっかり集まる。

なんでなんだろうな。

しんどいな。

次の仕事場でもそうなるんだろうなぁ…。

できるだけそんな香りがしない場所を選びたい。

明日は2社、面接がある。

これが終わったら、全部の1次面接が終わるんかな。

あとは最終面接群をやっつけるだけだ。

今日の会社行きテェなぁ…。

今日通ったとしても、あと2回面接あるらしい…。

長い…。

テストも2回ある。

プログラミングテストとSPIかな。

今日、プログラミングの本を引っ張り出して読んだ。

もう全部忘れてんの。

ツラァ。

3年間全部パァ。

( ᐛ👐 )パァ。

以上!また明日!!!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告