【うつ病日誌】「どうでもいい」を一番に。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

未来のことを考えてしまう。でも今までと違って、不安感はない。シンプルに考えることができる。

不安感とは「あんなことやこんなことが起きるかもしれない」「予想できない何かが起きるかもしれない」と言った感じのこと。

見えない何かに怯えることがなくなった気がする。

もっとよくするためには、これからいろんな人と関わらないといけないと思う。

今までゴミみたいな人間とばかり関わってきた。しかも深く。

なので、これからは、広く浅い人間関係をめざしたい。

できるだけ広く広く関わることで、昔の人間との記憶を薄めたい。

できるだけ浅く浅く関わることで、無駄なトラブルに巻き込まれないようにしたい。

一人一人の人のことを深く考えない。

「なんであの人はこうなんだろう」

「なんであの人はああなんだろう」

どうでもいい。

「自分はこうだ」

これだけでいい。

人間のことで疲れるのはもうたくさんだ。考えなけりゃいい。

仕事の人、ネットの人、友達、家族。どうでもいい。

自分だけでいい。

以前までの僕は次のように考えていた。

「人間全員いいところがある。出会った人全員のいいところを真似すればいいんだ」

確かにそうだけど、でもこれは疲れる。

人のいいところを探すのって、ものすごく精神力を使うと思う。特にブラック企業で出会ったゴミみたいな人間は。

人のいいところ探しはもういい。

これからは自然に入ってきたものだけ取り入れよう。

アンテナを張ることはもうしない。

「なんでこの人はこうしたんだろう」じゃない。「この人はこうなんだ」でいい。

人間には理由とか法則とか、そんなのない。

「どうでもいい」を一番に。

家族の行動が、ブラック企業の人間と似ている。

でも、どうでもいい。

家族がクズだろうがなんだろうが、どうでもいい。

期待なんかしない。

「家族はそういう人間なんだ。へぇ〜」でいい。

家族の声が怖い?なぜか。

家族が何を考えているかを詮索してしまうからだ。

「なんでそう思った?」「この後来る言葉は?」「自分はどう思った?」

もうどうでもいいんだ。

声を聞かなきゃいい。何も考えなきゃいい。

家族なんてどうでもいい。

(話しかけるなよ〜)と考えるだけでいい。

話しかけられたら「え?聞いてなかった」これだけで終わる。

どうでもいいよ。もう。

今までやろうとしてもできなかったけど、今ならできそうな気がする。

なんでこうなってしまったのか、「どうでもいい」と考えれなくなっていたのか、考えてみた。

ブラック企業で「メンター」になりたいと志してしまったからだ。

メンターとは、仕事場の上司とは別に、新人を指導したり、相談役となったりと、サポートする立場のこと。

ブラック企業に入ってきた人を、僕と同じ苦しみを味あわせたくない。と奮闘していた。

仕事場以外でもメンターを意識するようになってしまって、人の行動を考える変な癖がついてしまっていた。

「メンター」になんてならなくていい。どうでもいい。

自分のことだけ考えてりゃそれでいい。

僕がメンターを知ったのは、ブラック企業から大企業に出向していたとき、大企業の人から「新人のメンターになってくれ」とお願いされたからだ。

派遣社員の僕にわざわざお願いしてくれるということは、才能あるんだと思う。

当時は張り切っていた。結果、体を壊した。

今はバランスよくできるような気がする。

自分が壊れない程度に新人のサポートができる気がする。

これからは、以下のことを意識したい。

  • バランスよく「どうでもいい」を取り入れる。
  • 仕事以外でメンターになる必要はない。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告