【うつ病日誌】僕にとって勉強する感覚はゲームする感覚と同じ。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

最近英語の勉強をしている。今は単語を暗記中。勉強楽しい。

今日1日の生活を表にしてみる。あくまで自己満足。

6時 起床
: 勉強
8時
: ブログ書く
9時
: 朝ごはん
9時30分
: 勉強
11時
:  お風呂
11時30分
: 勉強
12時
: お昼ご飯
13時
: ダラダラ
14時
:  勉強
16時
: ダラダラ
17時
:  勉強
18時  今に至る。

書いてみたけどすごいややこしい!

円グラフにしたかったけど、うまく作れない…。

まとめると、今日の勉強時間は7時間だ!ということ。

…。

思ったよりいってなかった…。

とにかく!勉強が楽しい。

僕が勉強する理由はいろいろある。

  • 資格取得
  • 資格を取って自慢したい
  • 勉強しているとニートでも許される感じを出したい
  • …などなど

ほとんどの理由が周りの目を気にしている。

でもこれらにまさっている一番の理由は、楽しいから。

新しい知識が頭に入っていくのがすごく気持ちいい。

僕は資格取得も好きだ。その理由は、頭に入った知識を使って遊ぶゲームをやっている気になるから。

それだけなのに、周りの人間は、勉強していることを褒めたり、羨ましがったりする。『勉強しているから前に進もうと頑張っている』だとか、『勉強しているから努力している』だとか。

違うんだ。そうじゃない。

ゲームしているのと一緒。そこから何かを生み出そうだとか、そういうんじゃない。

ドラクエと同じ、遊んで楽しい。遊んだ思い出を仲間たちと話して楽しい。それだけ。

勉強して、知識をつけて、テレビとかで勉強した専門的なことが話されていたとき、それの意味がだいたいわかって、ニヤニヤする。

それだけ。

それが楽しい。

勉強すると、世界が広がる気がする。『わからない』が『わかる』になると、すごく楽しい。

それだけなのに、家族や、親戚、会社、周りの人間は、それぞれ全然違う解釈をする。

仕事ではよくこう言われた。

  • 『資格で知識をつけても経験がなければ無意味』
  • 『資格取る意味ない』
  • 『無駄なことしている』

違うんだ。そうじゃない。

僕はゲームで遊んでいる感覚なんだ。

資格の話をするのも、ドラクエの話するのも同じ感覚。

  • 『資格でこんな問題でた』
  • 『ドラクエ6のバーバラかわいい』

この2つは同じ感覚でいる。

これをわかってくれる人がなかなかいない。

勉強が楽しくなったのは社会人になってからだ。

学生のときにこの楽しさを知りたかった…。

日本は、学生の勉強に関しては制度がいろいろあって、お金がなくても勉強ができる。

でも、社会人になってからの勉強は、かなりハードモードな気がする。

時間がないし、お金もないし、教材にお金がいる。資格受けるのにもお金がいる。

読みたい本がいっぱいあるのに、お金がない…。

何が書きたいかわからなくなってきた。

僕は、勉強する感覚とゲームする感覚が一緒。ということを言いたかった。

あと、うつ状態がひどいときに勉強すると、周りの人間の目が気になって『うるさい!』ってなってパニックになってできなかった。

でも今は楽しいが強くて、いつもの自分の状態で勉強ができて楽しい。

文章をうまくかけている自身がない。

今日は頭使いまくったからかな。昨日も同じくらい勉強してそうだった。

昨日は早く寝れたから、今日も早く寝れそうだ。

ということで、今日はこれくらいで終わり。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告