【うつ病日誌】眠だるい。明日の病院で話すこと。ゴールまでのフローチャート。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今日は眠たくて、ぼーっとした。

全然集中できない。勉強も、ゲームも、アマゾンビデオも。

薬のせいだろうか。気分の高ぶりを抑える薬を飲んでいる。

これって、気分が高ぶっていないときに飲んだらどうなるんだろうか…。

気分が落ちかけている…?

嫌だなぁ。

最近、勉強でいっぱい頭を使ったので、疲れているだけだと思いたい。

明日は病院。

何話すか決めておかないと。

  • 今週は気分が良かった
  • 今日眠くてだるかった件について

この2つかな。

ほったらかしになっているいろんな手続きについて相談しようと思ったけど、やめた。

今日1日の体調見るに、まだ障害が多そう。

どうしても手続きのことや、お金のことを考えて、頭がパンクする。

引きこもり生活をしているのも、家族と関わると絶対に手続きとお金の話を出されるから。「やめて」と言ってもやめてくれない。

今の僕にはもう伝える力がない。

引きこもるしかない。

いつまでこんな生活してないといけないんだろうか…。

本当に嫌だ。

なんで相手の気持ちを考えてある程度広い解釈をしてくれないんだろうか。

なんで狂っている僕が聞き手に気を使って頭をフル回転して話さないといけないんだろう。

聞き手も気を使ってくれればいいのにな。

そんな人間に出会ったことがない。僕のようなタイプの人、1人はいてもいいと思うのに、出会えない。

こんなこと考えたらダメだ。

この家に敵がいっぱいいるんだ。と考えてしまう。

今の状況が苦しくなってしまう。

苦しくなった次は「なんで僕が苦しんで、会社の人間はのうのうと生きているんだ!」とイライラする。

無限ループ。

どうやったら出られるんだろう。

あぁ、家族に甘えるんじゃなかった。5年間積み上げたもの1つも残らず取り上げられた。

家族は、僕を助けたいんじゃない。息子を実家に置いておきたい。それだけだった。

僕が出て行くために必要なもの全部奪っていった。

この家を出て行くためには、まずお金が必要。それも100万以上のお金。

働かないといけない。

働くためには、外に出れるようにならないといけない。

外に出る前に家族の前に顔を出さないといけない。

家族の前に顔を出すためには、話せるようにならないといけない。

話せるようになるためには、精神力と思ったことを思った通りに話す力が必要。

そのために、ブログで文章を書いて鍛える。

こんな感じだろうか…?

  1. ブログで思っていることを整理。
  2. 話す力、精神力をつける。
  3. 家族の前に顔を出す。
  4. 外に出れるようになる。
  5. ストレスなく他人と話せるようになる。

ここまでが1セット。

働くためには…

  1. 住民票を移す
  2. 働く
  3. お金を貯める
  4. 家を出て行く

資格を取るためには…

  1. 病院から診断書をもらう
  2. 更新期限が切れてしまった運転免許証の更新をする
  3. 資格受ける

ざっくりとこんな感じなんだろうか。

わかんない。

そう、わかんないことが多すぎて怖くて、何もできない。

怖くて引きこもりから脱出できない。

わかんないことが怖い。

これで思い出した。

ブラック企業で、大企業に出向しているとき、契約と違う仕事をいっぱいやっていたので、ブラック企業の社長と、派遣会社の営業と話したことがあった。

  • 大企業と派遣会社で言っていることが違う
  • この先どういう予定で動くのか教えてくれ

こんなことを話したと思う。

ところが、帰ってきた答えは「なんで教えないといけないんですか?」だ。

「いや、わからないことがあると怖いじゃないですか」と言った。

ブラック企業の社長と派遣会社の営業は笑って、「お前怖がりかよwww」と言われた。

ゴミ見たいな会社たちだ。

奴隷ビジネス。『派遣先に飛ばした後は、何も知りません。サポートしません。』だ。

僕がおかしいんだろうか。

わからないことがあると怖いのはおかしいことだろうか。

これは改善しないといけないんだろうか。

わからん。

そうだ、この件も医者に聞いてみよう。

明日病院で話すことは、

  • 今週体調が良かった
  • 今日が眠だるかった件について
  • わからないこと、予想できないことが怖いのはおかしいか?

この3つだ。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告