【うつ病日誌】今治療の何段階目?全部で何段階あるの?うつ病の曖昧さに腹が立つ。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今日も引きこもった。土曜と日曜は、平日と違って、家族がいたりいなかったりするので、気が気じゃない。落ち着かない。

そして、今日は少しイライラした。

なんでだろう。理由はよく覚えてない。

忘れられるくらい楽になっていると言うことだろうか。それとも、言語化できないからイライラしていたのかもしれない。

自分の心の奥底には、思うことがあるが、何を思っているかが外に出せずに気持ち悪い。そんな感じだろうか。

このブログを通して、吐き出して行きたい。

現状打破したい。自分を変えたい。一気に変わりたい。元に戻りたい。

元に戻るまでの障害が多すぎる。

回復の判断は誰がしてくれるのだろうか。医者はしてくれるのだろうか。

医者に向かって「僕は元気です。もうここには来ません」と気丈に振る舞えば終わりなんだろうか。

この病気は、病気じゃないと思っている。やっぱりただの甘えだと思っている。僕が元気だと言えば元気で、病気だと言えば病気なのだ。

うつ病の曖昧さにすごく違和感と憤りを感じる。

医者にも腹がたつ。適当に喋って、適当に薬出して、お金を稼いでいるんだと思うと腹が立つ。

自分はなんのために生きているんだろう。と思う。

医者の養分になっているんだと考えると、すごくムカつく。

うまく伝わらない、伝えられないと自信をなくし、心の奥底からすごく嫌な感情が湧き上がってくる。

あんな気持ちになりたくないから、人と会話したくない。関わりたくない。人に何かを話したくない。返事したくない。怖い。

文字だと大丈夫だと思っていたが、違った。逆だ。文字で必死に考えて考えてアウトプットした結果。うまく伝わらなかったときの、感情がすごく苦しい。

努力の量に応じて失敗したときの苦しさが大きくなる。

もうどうすればいいんだろうか。

トライアンドエラー。失敗を繰り返して成長していくしかないんだろうか。

失敗が怖い。

機械相手だと何度でもチャレンジできる。だからプログラムが好きになった。

相手が人だから難しい。

僕の悩みは人間のことばかりだ。人が嫌いだ。

人が僕に何かを話しかけてくると、すごく考えてしまう。

  • 相手はどんな返事を求めているんだろう。
  • なんでそんなことを言ったのだろう。
  • 相手は今何を考えているのだろう。
  • 今何秒たった?
  • 早く返事しないと。
  • 今から返事しようとしている言葉は問題ないものだろうか。
  • 矛盾はないか?突っ込まれないか?

治らない。治ってくれない。

話しかけられるだけじゃないな。声を聞くだけ、文字を見るだけで頭が動く。

会話したくない。

自分がどうなっているのかがわからない。

治っているのか、どこに向かっているのか。

この病気はどうなったら終わりなのか。

治療のフェーズとして、僕は今どこにいるんだ。全部で何段階あって、今は何段階目なのか。

そうか。こう言うことを医者に聞きたかったのかもしれない。

  • この病気の曖昧さ
  • 病気だと思えない。甘えだと思っている。
  • でも自分でうまく体が動かせず、悔しい。
  • 甘えている自分にイライラする。
  • どうなれば治ったと言えるのか。
  • 今治療のフェーズは何段階目なのか。
  • フェーズは全部で何段階あるのか。

あぁぁ。お金が欲しい。

そしたら焦りとか、申し訳なさとかがましになるのになぁ。

お金貯めたかった。勉強のために本買ったり、資格受験したりするんじゃなかった。

会社のために自腹でmacbook買うんじゃなかった。officeソフト自腹で買わなけりゃよかった。

リボ払い70万。馬鹿か僕は。安月給で働いて、会社のために借金して。精神壊して、親に全部払ってもらって。

母親はお金を払うのを忘れているのか、僕のケータイとクレジットカードが止まっている。あと何ヶ月で強制解約されて、あと何ヶ月でブラックリストになるのかな。

wifiが使えるからまだブログはかけるけど、これもどうなるかわからんなぁ。

こんなことでブログ書けなくなるなんて嫌だなぁ。

今日も何書きたいのかよくわからん。

まとめると、イライラする原因と、医者に話したいこと、過去の後悔。ってところかな。

ブログの面白いところが、新規編集ボタンを押して真っ白なテキストボックスを見たときは「今日何も書くことないなぁ」と思うのに、いざ書き出して見ると、どんどんダラダラ何かしらの文字が出てくるとこ。

心の奥底に、何かがいっぱい溜まっているんだろうと思う。

無くなる日は来るんだろうか。

と言うことで今日はこれくらいにしよう。割とスッキリできたと思う。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告