【うつ病日誌】散髪に行けた。だいぶ回復した。でも家族とは話したくない。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今日も楽だった。

今日は髪を切りに行った。約1年ぶり。

ちゃんと行けた。一人で外に出れた。

ちゃんと話せた。美容師が僕と話してどう感じたのかはわからない。「なんか喋り方おかしいな」と思われたかもしれない。

でもそんなことどうでもいいと思える。

だいぶ回復した。

でも家族と話そうとは思えない。また苦しめられるんじゃないかと感じる。

もうあんな苦しい思いは嫌だ。

家族は僕がどんなに苦しい思いをしていたか理解できないだろう。そして、僕も伝えようとはしない。わかるように伝えることができないし、家族に労力を使いたくない。

とにかく、家族とはできる限り距離をあけたい。

もう家族にはうんざりだ。

僕と合わないんだ。一緒に住める人種じゃない。

1年に一回くらいか、それ以上の感覚がちょうどいい。

あいつらと僕の距離感は合わない。

家族は足をひっぱる存在だ。

仕事場に連絡したり、毎日僕に連絡をし、急に東京に来たり、毎日寝ずに働いてる僕に追い打ちをかけた。理由を説明しても理解せず、現場を引っ掻き回した。

実家に帰って来てからは、毎日毎日、東京に行くな、大阪で働け、老後の話、一生この家で暮らせ、両親が死んだときの話、めちゃくちゃにされた。

今考えることができないからやめて。と言っても止まらなかった。

もう話したくないんだ。

あいつらは話を聞かない。自分の話しかしようとしない。

だから僕も話を聞かない。そして、もう自分の話はしない。

自分がされたら嫌なことは、人にはしない性分だが、そうも言ってられない。潰されてるんだ。もう2度と潰されたくない。

家族を見てると勤めていたブラック企業を思い出す。

人として信じられない行動をとる。

この親に育てられたのかと思うと、ひどい嫌悪感を覚える。

僕の家族は全員高卒だ。

父親は木工業で、1人の職人の下でしか仕事をしたことがない。今はその1人の職人から仕事を継いで、自営業で仕事をしている。

弟は父親の下で働いている。バイトすらしたことない。

母親も同じような感じだ。

うちの家族は世界がすごく狭い。

僕は高卒であることを恥ずかしく思っている。

しかし、家族は高卒であることを誇りに思っている。

こんな家族に嫌悪感を覚える。

とにかく、とにかく、見てるだけでイライラする。聞いてるだけでイライラする。

イライラというか、なんとも説明し難い感情が湧いて来る。

まだ関われない。時間が必要だ。

僕を自殺未遂するまで追いやったのは家族だ。

いわば、家族は敵で、加害者だ。

そんなやつらと過ごすのはストレスでしかない。

存在がトラウマなんだ。

慣れるまでかなりの長い時間が必要だ。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告