【うつ病日誌】親孝行がどうとか考えてる場合じゃない。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今日も楽。

全然勉強できてない。

もうTOEICまで2週間もない。

このまま早く終わって欲しい。

テスト本番で、隣の奴がブツブツ独り言喋る人間だったらどうしよう。とか考える。

いろんなトラブルのことを想像する。

不安だ。

勉強してていいことは、時間を忘れられること。

1日があっという間だ。最高の暇つぶし。

でももう流石に飽きてきた。

ポケモンやりたい。

新しいポケモン17日に発売だ。19日がTOEICだ。

はぁ。

もう就職することを考えている。

転職サイトから来たスカウトメールの中で、適当にお気に入りボタンを押しまくっている。

TOEIC終わったらお気に入りにした全部の企業の応募ボタンを押す。

毎日面接してやる。

早く働きたい。

一気に稼いで、一気に親に金を返して、一気にお金貯めて、家を出る。

親は、成長した息子といろんなことをしたいと思っていただろう。

酒を飲んだり、一緒にゴルフをしたり、買い物に付き合ったり、などなど…。

ブラック企業で潰れて、実家に帰ってこいと言われた。

僕は休めるんだと思った。

親は息子といろんなことをしたいと思っていた。

親「実家に帰ってこい(一緒に遊ぼ)」

僕「わかった(ゆっくり休もう…)」

今回の精神をおかしくしたのは、お互いの認識のズレのせいだ。

僕は期待に応えなければいけないと、毎日を気丈に振る舞った。

休むために帰って来たはずなのに、気を使い続ける毎日。

もう無理だ。

これから一生無理とは言わないが、数年は無理だ。

親のことを考えてる余裕は、ない。

自分のことで精一杯だ。

親不孝とかそんなん言ってられない。

親の人生を考えてる場合じゃないんだ。

僕の人生がかかってるんだ。

生きるか死ぬかの瀬戸際なのに、親孝行とかそんなんどうでもいい。

やめてくれ、自分のことだけ考えさせてくれ。

罪悪感を感じる。

もういやだ。

考えたくない。

家にいると苦しい。死にたくなる。

早く家を出るんだ。

どれくらいこの家にいないといけないだろう。

半年は我慢しないといけない気がする。

6月は僕の誕生日だ。

誕生日にここにいたくない。

地獄のような思いをした。

2度と家族に誕生日を祝われたくない。

うつ病患者が誕生日に死にかけた話
うつ病になって半年が経ちました。今年ももう半分が過ぎ、このまま自分はどうなるんだろうか?と不安な毎日を送っています。 この間誕生日で2...

親不孝とかそんなこと言ってる場合じゃない。

罪悪感が…。

家族と関わりたくない→罪悪感→家を出たい→罪悪感→家族と…→罪悪感

頭の中がループしてる…。

しんどい。

今日も最初に楽だの何だの書いといて、鬱々しいこと書いてる。

日記やめたほうがいいんかな。

わからん。

誰のことも考えずに生きたい。自分のことだけ考えて生きたい。

自由になりたい。精神的に。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告