【うつ病日誌】親不孝だろうがなんだろうが関係ない。許さない。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今日は早めの時間に書くよ。

これから友達の家に泊まりに行くから。

泊まって、明日の31日は友達の親戚の家で泊まりで年を越す。

自分の家にいたくない。

できる限り家族といたくない。

今日の朝ごはんは、父親と母親の前で食べた。

食パンを焼いてると、母親が「カステラあるで」と話しかけて来た。

無視した。

もう本当にやめて欲しい。

絶対に許さないからな。

お前が俺を自殺未遂まで追いやったんだ。

あの苦しみは絶対に忘れない。

関わるな。

親不孝と言う声が聞こえる。

うるさい。あんな目にあって、親孝行のことなんか考えてられるか!

殺され書けたんだぞ?

何が親不孝だ。

子供不幸って言葉はないのか。

ボロボロにされ、おかげさまで今年1年丸々無駄にした。彼女も失った。

この代償は大きすぎる。

返してくれたら許すし、親孝行でもなんでもしてやるよ。

本当は今日、友達と朝から遊ぶ予定だったのに、友達から全然連絡がこなかった。

僕は早く家を出たかったのに…。

昼には来るだろうと思って待ってても、全然こない…。

昼ごはんの時間になってもこない…。

このままじゃ家族と一緒にご飯を食べることになるかもしれない。

それだけは嫌だった。

一緒に食卓を囲みたくなかった。

そんなこんなしてる間に13時。

いつも12時にはご飯を食べるのに。

何かを察してか、両親が家を出て行った。

1人で昼ごはんを食べた。

明日31日は、多分ブログ書いてる暇なさそうだから、予約投稿で記事書いた。

うつ病日誌の最終回。

もう終わらせるよ。

来年から普通の日記書く。

と言うことで、ちょっと短いけどこれくらいでいいかな。

今年書くブログはこれでおしまい。

明日は自動投稿。

以上。良いお年を〜〜〜。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告