【うつ病日誌】日曜日がただでさえしんどいのに、批判コメントも来て頭が軽くパニック。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

なかなか寝れない。

今日は8時に起きた。

おかしい。

昨夜は21時に目を閉じたのに。でもいろんなことが頭に浮かんでなかなか寝付けなかった。

結局寝た時間を予想すると、10時間も寝ることはないと思うので、常識的に考えて23時から0時ということになるのか…。

昨日に引き続き、勉強時間が2時間削れてしまった。

家族の前でご飯を食べた。

朝9時。

朝ごはんを食べる時間だ。

リビングには誰かいたけど、僕のリズムを崩すわけにはいかなかったので、部屋を出て、リビングへ向かった。

リビングに入った瞬間に、弟がリビングに入って来た。

まるで計ったかのようはタイミングだ。

僕への嫌がらせだろうか。

食パンを焼いて、僕がご飯を食べ始めたとき。ここまで5分くらい。

弟は、自分の部屋に戻っていった。

きっと奴は僕の苦しむ姿を見たいんだろう。

【うつ病日誌】弟の話。
今日も楽だった。 今日も英語の勉強。 リスニングの勉強は没頭できるからいい。 他のこと考えずにひたすら聞くことに集...

それだけのことを僕はして来たんだ。

昼は誰もいなかった。

1人でご飯を食べた。

やっぱり一人は楽だ。

ブログに批判コメントをもらう

今日も勉強があまりできなかった。

本当は午前中に終わらせているはずのものが、16時にようやく終わった。

集中できなかったせいもある。

今日は初めてブログに、批判コメントを頂いた。

うつ病にアフィリエイトは毒。うつ病はブログをやるべきかどうかについて。
うつ病になって働けなくなり、藁にもすがる思いでネットビジネスであるアフィリエイトについて勉強しました。 勉強して実行した結果。うつ病に...

心が痛かった。

なんだろうな。

コメントしてくれる人ってどういう気持ちなんだろうか。

今日初めてコメントというものについて考えた。

僕は今まで、僕とやりとりしたいから残してくれているんだと思っていた。

だから、返事を必死で考えてきた。

多分、これは違うんだと思う。

コメントする人は、自分の気持ちをただ吐き出したいだけなんじゃないだろうか。

いや、コメントする人のことを書きたいんじゃなかった…。

批判コメントを頂いたことで、自分の記事を不快に思う人がいるんだということを初めて実感した。

今まで考えなかったわけじゃない。自分のブログが人を不快にするかもしれないということを。

ブログを始めた当初は、ビクビクしながら記事を書いた。

今はもうブログを始めて半年経った。毎日、荒れている内容を書くうちに麻痺していった。

いないわけがないんだ。

僕のブログを不快に思う人が。

今どうしようかと焦っている。

ずっと落ち着かなかったけど、書いてたら落ち着いて来た。

しかたないよな…。不快な思いする人がいても…。

ほっとくしかないのか。

相手するだけ無駄なのか。

批判コメントに対して「記事消します。すみません」って返事しちゃった。

これからコメントできない設定にしようかな…。

これまでもコメント来るたびにビクビクしてたし…。精神衛生上よくない。

今日、批判コメントに対して「あなたの返事が来たら消します」って返事したので、返事が来るまではコメントありにしとこう。

返事があり次第、コメントできない設定にする。

いや、「記事消します、すみません」っていう僕の返事をなかったことにしちゃえばいいのか…?

あぁわからん。

本当に面倒くさい。

コメント面倒くさい。

人と関わるのが面倒くさい。

ブログという形である以上仕方ないのだが…。

紙の日記にしとけばよかったと後悔している。

でも、それだと、お金稼げないし…。

葛藤…。

コメントってどうするのがいいんだろう。

コメントに対して、どんな気持ちで受け取ればいいのかわからない。

いろんなコメントが来る。

今回の批判コメントもそうだし、ただの共感してるようなコメント。

「おはようございます。早速コメントしに来ました」みたいな、意味不明な挨拶コメントが来たこともある。

みんなどんな気持ちで、コメントしてるのか、それに対して、僕はどうすればいいのか。

わからない。

人間がめんどくさい。

結局ブログでも、仕事でも、なんでも、どうやっても、人間と関わることをは避けて通れない。

本当にしんどい。

コメント一つでいろんなことが頭の中をぐるぐるする。

何も考えたくない。

落ち着いたら、またコメントの設定について考えよう。

今はもういっぱいいっぱいだ。疲れた。

イベントを乗り越えた

2日も勉強サボってしまった。

でも、なんとか大きなイベントを乗り越えた。

病院。日曜日。

あとは来週のTOEICを受けるだけだ。

どんなにボロボロになっても、受けてやる。結果がどうだろうと関係ない。

受けるったら受けるんだ。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告