【うつ病日誌】うつ病の楽な日は、普通の人の普通の日。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今日は楽だ。

ツイッターで見かけたツイート「うつ病患者にとって楽なときというのは、健常者のにとっての普通だ。」というものを見て、病気になるまでの自分は毎日幸せだったのだな。と思った。

もし、病気が治ったら、世界の見え方が変わるんだろうな。と思っている。というより、楽しみにしている。

こんなポジティブなことを考えれるくらい楽だ、今日は。

楽でも昨日書いたものはまだ見返さない。通院記録もまだ書き直さない。

思い出すのが怖い。いつ、どんなタイミングで自分が豹変するかわからないからだ。

昨日のことは、もう2〜3日は寝かせておきたい。

最近、怖い怖いばかりで、思考停止している気がする。

こんなんじゃダメな気がする。

もっと頭を使わないと、分析しないといけない気がする。

たとえそれが地雷だったとしても受け入れていかないといけない気がする。

そうやって一歩一歩前に進んで、新しい自分を手に入れていくもんなんじゃないか?

知らんけど。

僕はこの病気を機に生まれ変わる。

新しい考え方。新しいライフスタイルを手に入れる。

柔軟でそして強くなる。

今日はすごいポジティブだな。逆に怖いわ。

だからと言って調子に乗らないように気をつけたい。

ご飯を食べて、風呂に入って、薬飲んで、寝る。

こういう日は、いつも以上に、いつも通りにしたい。

書いてるそばから、あれだが。

ゲームしてたらイライラしてきた。

クラロワ。

もう嫌だなぁ。

残念なプレイヤーと遊ぶと本当にイライラする。

結局人間。対人。

本当に人が嫌いだ。

自分の思い通りにいかないことがあるとイライラする。

これだけ書くとものすごく自己中心的だ。

普通の人でも多少なりともイライラするはずだ。普通の人はこのイライラを我慢したり、何か気分転換したり、何かしら対処するだろう。

でも、自分の場合、できないのだ。

うまく表現できないけど、イライラの水が入ったコップがものすごく小さくて、ヒビだらけな感じ。

ちょっとしたことで溢れたり、ひどければコップが割れてしまう。

これも病気のせいなんだろうか。

なんでもかんでも病気のせいにしたくない。

普通のことだと思いたい。

この日誌の前半書いているときは楽だったけど、後半はスマホゲームをしてしまってイライラしている。

やっぱりゲームダメだな…。

消すか。

悔しいな。

惨めだな。

生きるの辛いな。

本当に辛い。

はぁ。

今日はこれくらいにしよう。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告