【通院記録8週目】僕の過去や何が辛いのかなんて医者にとってはどうでもいいんだと思った。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今週はいつもと比べて30分遅く病院に行った。

「新しい患者さんの予約が入ってしまったため、余裕を持ってきてください」と言われていたから。

しかし、遅めに行ったにもかかわらず、1時間待った。苦しかった。

うつむいていたので、患者の顔や姿はちゃんと見れなかったが、診察室からでかい声や笑い声が聞こえていた。女だった。

元気じゃねぇか。なんなんだよ。もう。

僕の診察時間は10分ちょい。

うまく話せる人が羨ましい…。

泣いて叫んで暴れた件について

昨日まとめておいた、泣いて叫んで暴れた件について話した。

【うつ病日誌】明日の病院で話すことをまとめる。今週起きたことと、不安と不満。
今日は比較的楽だった。過去の記憶を思い出して暴れ出しそうになったけど耐えた。 昼寝できた。寝れると楽だ。一生寝てたい。 ...

「あーそうですかー」って感じだった。

自殺未遂したことも話した。

「大丈夫でしたか」「ここにきてくれているってことは大丈夫ってことですよね」って言われた。

彼女という言葉に過敏に反応された。

「ちょちょちょちょっと待ってw彼女いるのww」みたいなテンションで話された。

「もう別れてますけど」と言ったら、「あ…。」だって。

その他については話せなかった

理由は彼女のくだりですごくめんどくさくなったから。

よく考えて見れば、医者には僕の口からどうしてこうなったか説明していない。

一番最初に両親だけでこの病院に来て、医者に説明していた。

僕が初めて病院に来たときは「両親から全部聞いてます」と言われて僕の口からは何も説明せず今まで来てしまった。

両親は、僕がブラック企業で精神を壊したと思い込んでいる。

両親から説明を受けた医者もそういう解釈になる。

違う。ブラック企業はきっかけであって、とどめを刺したのは家族なのに。

ブラック企業でボコボコにされているときに、彼女に裏切られたのも辛かったなぁ…。

医者は全部知らない。

3年間何があったか、会社辞めてから何があったか。

病院来てから8週目だ。今更1から説明できない。

8週目までの答え合わせもしないといけない。

もうめんどくさかった。

どうでもよくなった。

僕の話はどうでもいいんだと思った

僕の辛かった話は適当に流されて、ご飯を食べているか、寝れているかについて話をした。

この医者の態度で、「僕がどうしてこうなったか、何が辛いのか」についてはどうでもいいんだと察した。

医者にとって問題は、ご飯と睡眠。それらの調子次第で薬を変える。

僕が気にしている『どうしてこうなったか、何が辛いのか』については僕の問題で、医者が手を触れるところではないんだと思った。

そりゃそうだよな。

家族にされて辛いことなんて、家族が変わるか、僕が変わるかするしかないもんな。薬でどうにもできないし、医者の口から間に入ってどうこうするなんてありえないよな。

ブログについて

「日誌は続けていますか?」と聞かれた。

はい。と答えた。

「あなたにとって、その日誌があなたの支えになっていると思います」と言われた。

僕は特に返事をしなかった。

支えになんかなってねぇよ。

金にならねぇし、自分で何書いてんのかわかんねぇし、誰かに助けられるわけでもなく、醜態をネット上に晒して、惨めに感じるし、毎日書かなきゃという謎の義務感が生まれてるし。

最悪だよ。もう。

まとめ

なんか今日の医者はしんどそうだった。新しい患者さんが何かしら影響しているんだろう。

昨日いっぱいまとめたのに、10分くらいで終わって、なんかもう疲れた。

なんのために生きてるんだろうかと思った。

死にたい。

死んで、医者、家族、会社、元カノに思い知らせてやりたい。

そんな気分。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をシェアする

フォローする(ブログの更新を知らせてます)

ブログランキング-うつ病-

応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

うつ病ランキング

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告