【うつ病日誌】うつ病らしさが欲しい。そうすれば「やめて」が伝わると思うから。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

身近な人に何かしているところを見られたくない。聞かれたくない。知られたくない。

うつ病じゃないと思われるからだ。

もし、何かしていることを知られると「それができるなら、これもできるでしょ?」とつけ込まれる。

ひどい時には「それができるなら、元気じゃん」と言われる。

こういうことを言われると、どうしようもなくなり、うまく説明できず、落ち込む。

ただでさえ苦しいのに、他人に理解されないのが余計に苦しい。

例えば、インフルエンザにかかっても、ご飯は食おうと思えば食えるし、風呂に入るし、やろうと思えばゲームもする。それと同じでうつ病になっても、やりたいことをやれるときがある。

うつ病の “うつ病らしさ” が欲しい。

うつ病になったら、何もしちゃダメなのか?

気丈に振る舞えるってことはうつ病のうちに入らないのか?

だがら、“うつ病らしく” なければいけないと責任を感じ、責任を持って何もしない。

何を言われても、何をされても、僕は責任を持って何もしない。

何かしようと思うと罪悪感を感じる。

  • うつ病なのに、ゲームしていいのか?
  • うつ病なのに、ご飯食べていいのか?
  • うつ病なのに、風呂に入っていいのか?

違う書き方をするとこうだ。

  • ゲームをしてると元気だと思われる
  • ご飯食べると元気だと思われる
  • 風呂に入ると元気だと思われる

元気だと思われたくない。

普通だと思われたくない。

「元気じゃない」「普通じゃない」ということを口で言っても誰にも信じてもらえない。

気丈に振る舞っていると余計に信じてもらえない。

僕の経験だけでいうと、泣き叫んでも信じてもらえなかったし、パニックで泡を吹いても信じてもらえなかった。

どうすればよかったんだろう。

どうすればいいんだろう。

“うつ病らしさ” が欲しい。

…ダメだ。答えが見つからないことを考えると辛い。

どうしようもないんだと思う。

泣いて物事を伝えるのは赤ちゃんと同じだ。

赤ちゃんは話ができない。

泣くことで相手より極めて弱い立場になり、物事を伝えようとする。

弱い立場になれば話を聞いてもらえる。

これは、人間が一番最初に本能的に覚えることだと思う。

僕は赤ん坊に戻った。

何言ってんのか自分でもわからない。

どうやっても物事が伝わらなかったので、僕は泣いて話すようになった。

でも、やっぱり誰にも、僕の話は、伝わらなかった。

僕「もうやめてください…」

  • 会社「なんでお前そんなに苦しそうなのw」
  • 母親「あんたのためを思ってやってあげてんねん」
  • 父親「お父さんはお前の味方やから」

「やめて」と言ったらやめればいいだけなのに、なぜこの人たちは、やめないのだろうか。

本当にわからない。

「やめて」って難しい言葉か?理解しにくいか?

「やめて」というと、僕の周りの人間の返答はこうだ。

  • 「俺は〜」
  • 「私は〜」
  • 「お父さんは〜」
  • 「お母さんは〜」

どれもこれも「やめて」に対する返事じゃない。

泣いて土下座して「やめて」って言ってるんだからやめろ!

頼むから…。

“うつ病らしさ” が欲しい。

それがあれば「やめて」が伝わると思うから。

書いてたらしんどくなってきた。

何を書きたいのかわからなくってくるとしんどいな。

うつ病の辛さは、うつ病になった原因もそうだが、第2波として、周りからの理解が得られないことがあると思う。

第2波で命を落とす人が多いと思う。

第2波からが闘病生活の本番だと思う。

そんな感じです。

今日はこれくらいにしよう…

以上、また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告