【うつ病日誌】「してあげてるねんから」←頼んでないから。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今日は病院だった。

【通院記録13週目】病院が気持ち悪い。もう病院行きたくない。
今日の病院の待ち時間は1時間だった。 受付の人間の視線を感じながら、病人に囲まれ、イライラしたし、苦しかった。 髪の毛を切ってか...

イライラした。むしゃくしゃする感じ。

病院には母親に送り迎えをしてもらっている。

病院から帰って来て、車から降りるとき、母親が薬の入った袋を手渡しして来た。

僕はこれがすごく嫌いだ。

僕が何かしないといけないと、強制されている感じがすごく嫌いだ。

その袋は手渡ししなくても、僕が取れる距離においてあるのに、わざわざ、手渡ししてくる意味がわからない。

人間に対して僕が何かしないといけない状況なのがすごく怖いし、気持ち悪い。

他の人間には、「なんでそんなことくらいで」って思われるんだろうな。

僕でもわからない。嫌なものは嫌なんだ。

とにかく気持ちが悪いし、イライラするんだ。

薬の入った袋を受け取るのを渋っていたとき、母親が手を引いた。

手を引いたまま固まっている。

なんだ?

視線を感じる。

母親の顔を見た。

なんともいえない表情をしていた。

睨んでいるような、怒っているような、哀れんでいるような…。いい表情ではないことは確かだ。

また薬を差し出して来た。

今度は受け取った。

悔しかった。悲しかった。しんどかった。

もうだめだ。

この家にいたら殺される。

そのうち僕は自殺するだろう。

家族と関わっていられない。

あんな目を向けてくる人間と一緒に住めない。

病院での出来事と、あの目を思い出して、風呂場で暴れてしまった。

今も暴れたくてしょうがない。

むしゃくしゃする。

勉強ができない。集中できない。

あの目。

  • 「やったってんねんから」
  • 「やってあげてるのに」
  • 「してあげてるのに」

とでも言いたそうな目。

両親の口癖だ。弟もそうか。

僕は言いたい。

誰が頼んだ?

やって欲しいなんて言ってないぞ?

勝手にやって、恩着せがましく「やってあげた」なんて、図々しすぎる。

そうやって僕を苦しめた。

勝手に会社に電話をしやがって。

仕事の電話が鳴り止まなくて、ただでさえ忙しいのに、毎日僕の携帯に電話して邪魔をした。

しんどいって言ってるのに、勝手に東京に来て、何をするかと思えば「観光したい案内しろ」だ?

「実家に帰って来て休み」って言ったくせに、親戚に会わせて、近所の人間に会わせて、毎日毎日頼みごと。

やめて欲しいやめて欲しいやめて欲しいやめて欲しいやめて欲しい

なんども伝えた。なんども無視された。なんども泣いた。なんども叫んだ。

最後は「こっちはただ楽しくワイワイしたいだけやねん」

はぁ?

結局自分の要望だけかよ。

無理やって言ってんのに。

やめてって言ってんのに。

休ませてって言ってんのに。

なんでわからんねん。

なんで…

どうせ家族はみんな「こっちはしてあげてんねんから」って思ってるんだろうな。

この考えは変わらないんだろうな。

気持ち悪い。

早く働いて、家を出よう。

もう家族と関わりたくない。

もうこいつらは信用しない。

もうこりごりだ。

今日は8時30分に起きた。

いつもは6時30分。

2時間分勉強時間が削れてしまった。

加えて、病院と母親のせいでむしゃくしゃして集中できず、全然勉強できてない。

もうTOEIC受けるのやめようかな…。

全部投げ出したい。

2ヶ月毎日やって来たことをやめたくない…。

せっかく頑張って来たのに。

また家族に邪魔されるのか。

勉強もさせてくれない。

あいつらは邪魔しかしない。

どれだけ苦しめたら気がすむんだ。

いい加減にしろよ。もう…。

むしゃくしゃしてどうしようもなくて、これを書いてるけど、書いても書いてもおさまらない。

でも少しは気分が楽になってる気はする。

ニュースで殺人事件を見てると思う。

僕みたいな状態の人間が、ふとした瞬間にやってしまうんだろうな、って。

僕は人を殺してしまうのかもしれない。

家族かもしれない。

病院かもしれない。

それとも街中で?

電車、バス、学校、どこか。

自分が怖い。

自分が気持ち悪い。

そうなる前に自殺しないといけないと考える。

早く家を出よう。

ここにいると、取り返しのつかないことになる。

早く働いて、一気に稼いで、一気にお金を返して、一気にお金をためて、どこか遠いところへ行こう。

一人になろう。

半年だ。半年我慢しよう。

頑張ろう…。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告