【うつ病日誌】就職先の懇親会に行ってきた。いいポジショニングができたと思う。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今23:28。帰ってきてお風呂はいって出てきたところです…。

早く寝ないと。

就職前面談と、懇親会という形で会社の人たちと晩御飯を食べに行った。

大勢の前で話すの大丈夫かな。と不安だったけど、なんとかなった。

今回気をつけたこと

  • 相槌は相手の言葉をオウム返しする
  • 気を使って笑わない
  • 話すときにニヤつかない。誘い笑いはしない。
  • ボケるときも真顔
  • 酒は絶対に飲めない設定にする

こんくらいかな。

うまくできたと思う。

新しい自分に生まれ変わるんだ。

今までの失敗を無駄にしないように。

話すときにニヤつかないようにするのは、難しかった。

いやそうでもないか、でも自然にできたと思う。

むしろ、ニヤつけなかった。

半年以上、人と関わってなかったし、なかなか笑うこともなかった。

だから、笑い方がわからなかった。って書いたほうがいいか。

真顔でボケたのは成功してよかった

すごいグイグイくる人がいて、その人に対して「あ、関わらないでもらっていいですか」みたいな感じのこと言った。

真顔で。

一つ間違えれば喧嘩になるような言葉だ。

でも笑いが起こった。

よかった。

タイミングとか、言い方とか、雰囲気とか、いい感じにカチッとハマったと思う。

その後も何度か同じようなこと続けたから、「なんだこいつ」ってなったかもしれない。

んー。難しい。

まぁ仕方ない。切り替えていこう。

みんな酒飲んでるし、覚えてないさ。

なんとかいい立ち位置にポジショニングできたんじゃないかな。

第一印象はなかなかの出来だと思う。

お酒は絶対飲めない設定にした。

コップ一杯飲むだけでも倒れるレベル。みたいな話にした。

半分本当。

本当は、倒れるレベルではないけど、すぐに真っ赤になって、頭がガンガンして気持ち悪くなる。

両親のことを聞かれて「両親は飲める」って言っちゃった。

ミスった。

どっちか飲めない設定にすればよかった。

何やってんだ。

でも、絶対飲めないことはわかってもらった。

一生飲まないぞ。

同僚と会った。

同僚は1人だけ。

1個年上だった…。

この会社で僕は一番年下だった。

まただ。

いっつも僕は一番年下になる。

後輩ができても、年上だし。

年下の後輩とか欲しいな。

これからできるだろうか。

まぁなんでもいいけど。

なんか、派遣社員の人もいっぱい飲み会にいたんだけど。

ひどい境遇の人がいて、目も当てられなかった。

僕より酷くて、なんか、申し訳なかった。

「僕は派遣ですけど、正社員になったあなたが羨ましいです」とか言われちゃって。

何も答えられなかった。

頑張ろう。

23:52。

日付が変わる…。

早く寝ないと。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告