【うつ病日誌】何をするにも元職場の社長の顔が浮かんで来る。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

楽だ。すごく楽。今日は快適に過ごせた。

ただ、なぜかご飯を落ち着いて食べることができなかった。あんまり噛まずに飲み込んだ。

明日はゆっくり食べることを意識したい。

一度だけ、元職場の記憶が襲って来た。

社長との記憶。

社長は何でも自分の手柄にしていた。僕がいっぱい資格をとったのは「社長が教えたから」ということになっている。

実際は違う。僕は誰からも教わっていない。完全に独学で、ひどい環境の中で頑張って来た。

今、勉強していると「俺のおかげだ」と言う社長の顔が浮かぶ。

将来社会復帰して、仕事についたときを想像する。「俺のおかげで今がある」と言う社長の顔が思い浮かぶ。

何をやっても、社長の気持ち悪い笑顔が現れて来る。

あいつの掌の上で転がされているような、すごく気持ち悪い感覚がする。

何をするにも「社長が言っていたことだからやりたくない」と拒否反応が出てくる。

今やっている英語の勉強もそうだ。もともと僕がやりたいから勉強しているのに。

全部僕が選んだ。僕が頑張った。誰にもサポートしてもらったことはない。お金も、時間も、全部犠牲にして頑張った。

僕だけの力でここまでこれたんだ。

何度も壊れそうになった。でも必死で頑張って来た。

結局最後は壊れたけど…。

関係ないんだ。

もう一生会うことは、ない。会いたくない。

見たくない。知りたくない。

忘れよう。

電話がかかって来たらどうしようか。

電話帳や、電話の履歴は全部消してしまったので、あいつらの電話番号がわからない。

でもあいつらは、僕の電話番号を知っている。

いいか。かかって来たら、暴言吐いて、すぐに着信拒否すればいいか。

気にしちゃダメだ。

あんなクズ達のことを考えれば考えるほど損だ。

「社長が言っていたことだからやりたくない?」関係ない。

僕が考えて、僕が選ぶ。

「社長のおかげ?」逆だ。

社長は、僕のやっていることを、後から口に出しているだけだ。

あくまで僕が先を走っている。

それを社長が勝手に「俺の手柄だ」と笑っているだけ。

そんなもの聞かなきゃいい。見なきゃいい。

僕は僕が選んだ道を行く。勝手に言ってろ、笑ってろ。

気にするだけ無駄だ。

誰のためでもない。自分のペースで、自分のことだけを考えて、歩いて行こう。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告