【うつ病日誌】いまの苦しい理由は「人の目」

この記事をシェアする

スポンサーリンク

今日もうまくいかなかった。

やっぱ勉強ダメだ。やらない方がいいのかもしれない。

試験という期限と目標があると、プレッシャーに押しつぶされてしまう。

でもやめたくないなぁ…。

もっと気楽でいたい。

ブログも嫌になってきた。

ダメな一日の振り返りをしているみたいでしんどい。

自分を責めるツールになってきている。

打開しないと…。

書くことも思い浮かばない。

いつもなら、ダラダラかけるのに…。

吐き出すこともできない。

なんでもいい。吐き出さないと。

こうやって強制すると余計ダメな気がする。

難しい。

ニートで使える時間がいっぱいあるのに、その時間を有効活用できていないことにすごく焦りを感じる。自分はダメなんだと考えてしまう。

ネットでも稼げないし、資格勉強も上手くいかない。気晴らしでゲームしようとしても上手くいかない。全部中途半端。全部集中できない。全部継続できない。

今年が終わるのが怖い。

何もしてない。

そう考えて死にたくなる。

時間が経つごとにいろんな感情に襲われる。

本当にしんどい。

解放されたい。

実家にいるからいけないんだ。

正月が来る。親戚が来る。友達が、近所の人が、弟の友達が、みんなやってきて、引きこもっている僕を見に来る。

やめてくれ。来るな。

例えば、年末までに気丈に振る舞えるくらいまで回復してたとしよう。

みんなと話すとき何を話すんだ?「今何してるの?」この質問が恐怖で仕方ない。

ニートです。大勢の前で。想像しただけで苦しい。

勉強して、資格という結果がついていたら、いくらか格好が付く。

だから勉強している。

本当はこんな勉強の仕方したくない。

楽しんで知識をつけたい。

こんな追い込まれてやりたくない。

どうすればいいんだろうか。どうすればいいんだろうか。

後悔しかない。

東京で一人暮らしのまま、手当金を受け取って、ゆっくり一人で生活していればこんなことにならなかった。

年末も一人で過ごせた。

誰の目も気にすることなく。

一人で。

人の目が気になって仕方ない。人が怖い。

こっちにこないでほしい。

どんどん気分が内向きになってきている。

もう嫌だ。これ。

今苦しいのは「人の目」だ。

家族、親戚、友達。人の目が怖い。世間体がすごく気になる。安心できない。

数ヶ月前、引きこもり始めのとき。

「パニックになるから話しかけないでくれ。部屋に入らないでくれ。話したいことがあるなら、手紙か、メールにしてくれ。」と家族にメールした。

数日後。父親からの置き手紙。

「おばあちゃんが新しく犬飼ってんて!名前は〇〇いとこは××が良かったって言ってるねんけど、おばあちゃんは〇〇がいいねんて!××の方がいいやんな!」

死にたかった。

引きこもっている意味がない。

外の情報をシャットダウンしたくて引きこもっているのに、奴らはまだ外に引き出そうとして来る。

しかも、一番嫌な親戚の情報だ。

頭がいかれているのか?

僕を苦しめて何がしたいんだ?おちょくるのもいい加減にしろ。

イライラしてきた。

情緒不安定だ。

わかってもらえない。わかるように伝えられない。

僕は上手く伝えることができない。

家族は理解する努力をしない。

最悪の状況だ。

家族は、僕が勝手に頭がおかしくなったんだと思っているんだろう。

家族たちの言動でおかしくなったなんて、夢にも思っていないだろう。置き手紙が立派な証拠だ。

理解されてないと思うと辛い。

いや、いいのか、理解なんかされなくとも…。

死にたい。

上手く吐き出せた。すっきりとはいかないけど、モヤモヤが晴れた気がする。

良かった。

以上。また明日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告